• データ分析
  • 検証結果

第一回目検証結果「知識の応用」ができているかグラフ化してみた!

私たちがmaria@homeの検証を行う上で基準にしているモデルがあります。

それがこちら

これは”将来必要なスキル”までの階段と私たちは読んでおります。
今回検証結果を分析する際に立てたモデルです。
我々はまず話を理解するフェーズ(①から③)と、話を理解した上で学習問題を解き学んだことを日常生活で活用する知識の応用が行われるフェーズ(④から⑥)の2段階のフェーズがあると考えております。

 

公開されている論文などの調査から一般的な絵本の読み聞かせで達成できるのは①から③までのステップが多く実際maria@homeで行なった検証でも同様の結果でした(本に出てくる内容範囲での語彙力の向上など)。

 

maria@homeでは話を理解した上で学習問題を解き学んだことを日常生活で活用するフェーズ(④から⑥)を「知識の応用が行われた」と結論付けており、
今回の検証で、maria@homeでは39%のモニターさんが「知識の応用」ができており「人間による読み上げ」では18%のモニターさんが「知識の応用が」ができておりました!!