Maria project Maria project

ハンバーガーメニュー ハンバーガーメニュー
Maria Project
メニューを閉じる

BLOG

ブログ

2019/07/22

ニュース

検証結果

第一回目検証結果 Maria@homeの保護者の利用後の感想

今回はMaria@homeを利用しての保護者の方の感想をご紹介いたします!

まずは子どもの変化について!

91%の人が、1ヶ月間でお子さんの成長に「変化を感じた」と回答しました!!

変化の内容の一部をご紹介いたします。

”国の名前を覚えたり、リサイクルに興味をもってどんなリサイクルがあるか聞いたり見たりした。”

”「木漏れ日」など知らない言葉を知って、公園で使っていたりした。”

”今回のアプリの質問で答えられなかった答えを紙に書いて復習していた。回数をこなすたびに、質問の答えが具体的になってきた。”

”今まで知らなかった言葉、例えば「うつらうつら」「木漏れ日」の意味などを覚えたり、シンガポールを地図上で探したり、明らかな学びが見られた。また、「けむくらじゃ」や「証明する」といった今まで子どもの口から聞いたこともない言葉を聞くことがあり驚かされた。”

”普段の会話、大人同士の会話で分からない言葉や単語の意味を積極的に聞くようになった。”

”なぞなぞを私が出すだけでなく、自分からも出していて、その問題を聞くとちゃんと話の内容から出せていたので、理解力も上がったんだと感じました。”

”食事のとき、椅子背もたれによりかかりご飯を食べていたが、背中がピンとなっているかな??と同じように言うと、治してくれました。”

”意地悪アイザックを何度か読んでいるうちに、意地悪しているとどーなるのかを自分に置き換えて分かるようになった気がします。”

”お友達などと仲良く出来ない事があった時に、アイザックのお話の事を言うと自分の中で考えるようになりました。”

”ひとり息子(4歳1ヶ月)は、絵本に全く関心がなく、発達障害で発話が少なかったのですが、絵本アプリを読んでいくごとに発話が増え、指差しをし、泣き真似をしたり、絵本アプリのお話の内容を共有したりしようとする姿があり、絵本アプリに関心をもっている様子をうかがえたことから、成長したなと感じました。”

”絵本を見ながら物の名前を覚えさせることは今までやっていましたが、言葉の意味や登場人物の気持ちや状況などを質問、説明することがなかったので、それを取り入れたことで本人が考えたり、考えたこと・思った事を自分の言葉で表現することが普段の生活でも上手になってきた様に思います。”

”知らない言葉の意味をよく聞いてくるようになった。覚えた言葉を兄弟にも使おうとするようになった。”

”実生活の中でも「いたずらしすぎるとみんなに嫌われちゃうからだめなんだよ」と言ったりして少しお兄ちゃんになった気がします。絵本を読む前に「背中はピンとなっているかな」の問いかけを覚えていて、家でも何かするたびに言ったりしています。”

また保護者自身にも驚くべき変化が起こりました!

“子どもと接する時間が増えた”と感じた保護者の方は75.8%
保護者の方の変化について

一般的に、「アプリ」を使用することによって「子どもとの時間が減る、コミュニケーションが希薄になる」というイメージがありますが、今回の検証結果では、75.8%の親御さんが「子どもと接する時間が増えた」と回答しました。
親自身の変化として、
「子どもが理解しやすいような工夫をすること(68.1%)」で、
「子どもとのコミュニケーションが深まった(68.7%)」、
「子どもの成長に気づく機会が増えた(76%)」、
最終的に「子どもについて新しい発見があった(71.6%)、
「もっと子どものことを知りたいと思うようになった(62.1%)」と
変化したことが今回の検証で実証されました。

”子どもが喜んでくれる”と感じた数値は79.9%
検証後の感想について

また、今回の検証で、
「親子の時間を楽しく過ごせる」と思った人は71.6%
「子どもが喜んでくれる」と思った人は79.9%
「子どもがひとりでも楽しめる」と思った人は78.7%
「子どもの知育に効果がある」と思った人は78.7%
「子どもが話しをじっと聞けるようになる」と思った人は65.1%
「子どもの好奇心を高める」と思った人は74.2%
「子どもが自分で考える力を高める」と思った人は72.1%
「子どもが本好きになる」と思った人は72.8%いました。

“様々なシーンで活用できる”と思った人は87.8%
実際に使っていただき該当項目と一致しているかアンケートをとってみました

また、この結果より、Maria@homeを使用し
「幼少期のお子様の想像力・感受性を育てるための知育アプリを新開発」と思った人は 77.5%、
「子供の想像力や感受性をどんどん引き出す」と思った人は68.6%、
「様々なシーンで活用できる」と思った人は87.8%、
「本を読み聞かせる疲れを感じなくて済む」と思った人は85.2%、
「同じ本を何度も読むストレスを感じなくてすむ」と思った人は82.2%でした。

この結果より、子どもの成長を感じながら
保護者の負担も軽減されていることがいえますね!