Maria project Maria project

ハンバーガーメニュー ハンバーガーメニュー
Maria Project
メニューを閉じる

BLOG

ブログ

2019/07/01

データ分析

第一回目検証結果 Maria@homeで学ぶと知識の応用ができる!?

Maria@home では「将来必要になるスキル」構築をミッションに掲げております。

その「将来必要になるスキル」の中に”知識の応用”が入っているんです。

具体的にどういう事かというと、学んだ1つの知識を多方面で応用させる能力の事を指しています。

「知識の応用」とは、

ある分野におけるある事象から出たされ答えを、分野の違う異なる事象でも応用できるようにすること。と私たちは考えております。
ある事象に対して「好奇心」「興味」を持って向き合い、向き合った上で出てくる「わくわくしながら抱く疑問」をこうじゃないか、あぁじゃないかと「仮説」をたて、

その「仮説」が正しいのか根拠となる情報を自らリサーチし「結論」とすることで、物事の「本質」を見出し「フレームワーク(枠組み・構成)」を捉える事ができる。

「フレームワーク(枠組み・構成)」を捉える事で、「本質」を理解し、その「フレームワーク(枠組み・構成)」を異なる分野・事象で応用する事ができるようになると考えています。

※この流れで動くためには、クリティカル思考、クリエイティブ思考、コミュニケーション、が必要だと考えており、これは専門知識ではなくその人の経験や性質などの「パーソナルスキル」が常に働くものでなければいけない。

一般的に「自頭がいい」と言われることを私たちは「知識の応用ができる」とイコールだと考えおります。

Maria@homeでは絵本の世界で「知識の応用」は習得することができると考えており、むしろ絵本の世界は「知識の応用」の訓練に最適な環境であると考えております。
ポイントは繰り返しMaria@homeオリジナルカリキュラムを反転学習で取り組むことと、学んだ内容を様々な異なる状況で意識して使えるようにする事だと考えております。

そして、Maria@homeでは56%の子どもがMaria@homeで得た知識をベースに日常生活が変化したと結果が出ております。